ドームコントローラ装置/スライドコントロール装置

ドームコントローラ装置 バージョン2 (MZM-002)
発売記念価格−−178,000円(消費税込み)

  ASCOM-Logo.jpg(4132 byte)   (ドーム連動コントローラ盤/スライドコントローラ盤 ASCOM対応)


新機能

    USBタイプのエンコーダーBOXがなくなり本体内蔵タイプになります。
    これによりLANケーブル1本でコントロールが出来るようになります。
    USBケーブルは5mの制限がありますがこれも100mまで伸ばすことが出来ますので
    コントロールするパソコンとドームコントローラ盤とは
    別の建物でもコントロールが可能になります。
    インターネット越しでの接続も可能です。(接続にはネットワークの知識が必要です。)
    また、無線LANも使えますので、わずらわしいケーブルが不要になります。
    いままで固定だったスリットのOpen/Closeの時間設定が可能になります。
    雨センサーの接続が可能になります。
    注)WEBコントロール画面は無くなりました。

概要

    ドームコントローラサーバ をASCOMドライバでコントロール出来ます。
    POTHドライバーやMaxImDLを経由することにより望遠鏡の動作と同期して
    スリットを回転させることが出来るようになります。
    パソコンとの接続はLANケーブル1本で制御します。

    Chart1.jpg(49031 byte)


ドームコントローラサーバー

domcon1.jpg(66455 byte)
外観写真
(上の写真はスライドルーフコントロールサーバーです。非常停止ボタンもつけることが出来ます。)

雨センサー

ame.jpg(23160 byte)
外観写真 (本体はOptionになります。)


【仕様】

【仕様】

  電源
  制御方式
  適用モータ
  機能
  
  
  
  外部制御
        
        
        
  予備回路
  寸法
  AC100V 50/60Hz
  LANコントロール
  ACモーター DCモーター兼用
  ドーム回転
  スリット開閉
  遠隔リセット機能
  
  
  ホームセンサー(原点)端子
  雨センサー/雲センサー端子
  緊急停止ボタン端子(OP)
  ハンドコントローラ取付可
  単独2回路入切 5Aまで
  (パソコン等に限る)
  300mm × 300mm × 120mm

    ドームコントローラ装置 (MZM-001)  取扱説明書 (toriatukai.pdf)



ドームコントローラサーバ ASCOMドライバ

    「くわなの星空へ」さんのWEBサイトで公開されています。
    http://kuwana.ddo.jp/astro/product/ASCOM/DomeDriver.html

  使用方法 (くわなの星空へWEBサイトがら引用)

    dome_main.jpg(48749 byte)
      < 実行画面 >

      1. スリットの状態を表示します。

      2. ドームの回転方向を表示します。

      3. 回転方向(角度)を入力し導入します。

      4. 回転方向(角度)を入力し同期します。

      5. スリットの開閉をします。

      6. スリットの開閉状況をグラフで表示します。

      7. ドームを右回転させます。

      8. ドームを左回転させます。

      9. Step角(角度)分だ回転させます。

      10. Park位置に回転させます。

      11. Home位置に回転させます。

      12. 予備端子のスイッチです。

      13. 開閉時間、制御盤のIPアドレス等各種設定をします。

      14. ASCOM使用時に通信状況を確認できます。



    dome_settei.jpg(56823 byte)
      < 設定画面 >

      1. スリットの開閉時間を設定します。

      2. 制御盤のIPアドレス&通信ポートを設定します。

      3. 回転角の自動計測を行います。

      4. 自動計測を中断します。

      5. 1回転のエンコーダーのパルス数を設定します。

      6. ステップ動作時の回転角を設定します。

      7. Park位置(角度)Home位置(角度)を設定します。

      8. OKで設定終了です。





ドーム連動の方法(ASCOM&Cartes du Ciel編)

POTH Plain Old Telescope Handset設定方法。



重要事項:手や体を挟んだり感電の危険があります。

注意:スリットを開閉させる場合は、周囲の状況を確認し操作してください。
屋外で使用される場合は必ず漏電ブレーカーを使用してください。
    
ご不明な点やご要望等ありましたら、お問い合わせください。

ドームメインに戻る

Designed by CSS.Design Sample & makkachi