会社概要

会社名   合資会社 日新商会
謄本などを取られる場合はこの名前でお願いします。
代表者   浅野 不二夫
会社創立   昭和30年 (1955)
資本金   1000万円
 


会社の経歴

昭和30年(1955)   故 浅野精三が、資本金100万円で設立し家庭用品卸業を営む。
昭和40年(1965)   資本金を300万円に増額。
昭和45年(1970)   枇杷島倉庫購入 450u。
昭和46年(1971)   組み立て式物置の販売施工開始。
昭和48年(1973)   積水化学と取引開始。
昭和49年(1974)   淀川製鋼所と取引開始。
昭和50年(1975)   カーポート、ガレージ、倉庫の販売施工を始める。
昭和55年(1980)   資本金 1000万円に増額。
昭和59年(1984)   天体観測ドーム製造開始。
昭和61年(1986)   天体観測ドーム専業となる。
昭和63年(1988)   浅野精三の死去にともない社長を浅野洋一が引き継ぐ。
平成元年(1989)   津島工場 購入 344u。
平成3年(1991)   枇杷島工場を新築 総二階建、延べ床面積535u。
平成22年(2010)   浅野洋一の死去にともない社長を浅野不二夫が引き継ぎ現在に至る。


主な取引先

 旭光学工業 (株)(ペンタックス)  三鷹光機(株)   昭和機械製作所 (株)
 ヨシカワ光器  中央光学工業   ミノルタプラネタリウム
 NTTファシリティーズ  アイベル   天文ハウスとみた
 各望遠鏡販売店  各地方自治体   大手ゼネコン


主な仕入先

日本金属工業 (株)       日本冶金 (株)       冨士鋼板工業 (株)
日精工業 (株)       出口鋼材 (株)       (有)石井製作所

主な取引銀行

愛知銀行  本陣支店

商工組合中央金庫(商工中金) 名古屋支店


主な生産設備

半自動熔接器   3台
アーク熔接器   2台
プラズマ切断器   1台
シャーリング   1台
天井走行クレーン   2基
コンプレッサー   2台
ボール盤   3台
ラジアルボール盤   1台
メタルソー   2台
自動キリ研ぎ器   1台
大型旋盤   1台
小型旋盤   2台
低圧塗装機   1台
TIG熔接機   1台


工場設備

(品質の高い製品を作るには、良い設備が欠かせません。)

Factory.jpg(9474 byte)

平成3年に新築した総面積 530uの総2階建ての

工場です。高さは15mあります。

平成10年からは、ガス冷暖房設備を入れました。

製品に汗を落とさないためと暑さや寒さで

生産効率を落とさないためです

hoist2.jpg(26376 byte)

一階にも二階にも天井走行クレーンが吊って有り、

どんな荷物でも吊って運べます。

多分、ドームとスライドルーフだけを作る工場としては、

国内最大ではないかと思います。

koirumaki.jpg(27506 byte)

大型コイル巻機

通常メーカーから供給される20m巻コイル(63kg)

を使うとどうしてもパネルに皺や傷が

入りやすくなります。

hoist1.jpg(30208 byte)

そこで20mコイルの元となる2トンコイルを

使うためにこの機械を導入しました。

当社のドームはパネルに皺がないことで好評ですが、

秘密のひとつがこの機械です。

setubi2.jpg(27480 byte)

製作中の小型ドーム

水平を保った舞台の上で組立てています。

工場で一度組立ててから分解して出荷します

setubi3.jpg(28197 byte)

製作中の大型ドーム

工場は直径11mまでのドームを作ることのできる

広さと高さを備えています

Designed by CSS.Design Sample & makkachi